ロータリアンの広場


「2018年国際協議会 RI会長エレクトのテーマ講演」

バリー・ラシンRI会長エレクト
PDF版 ダウンロード

 バリー・ラシン氏より、2018-19年度のテーマとして、「インスピレーションになろう」が発表されました。
 このテーマの解釈を巡って、各クラブの中で意味が分かり難いという意見が出ている模様です。
 ラシン氏のスピーチ原稿および公式文書を掲載しますので、この中から真意を見つけていただければいいと思います。
2680地区PDG 田中 毅

以下、バリー・ラシンRI会長エレクトのテーマ講演の一部


2018年国際協議会 RI会長エレクトのテーマ講演


バリー・ラシン
RI会長エレクト
バリー・ラシン 2018年1月14日
こんばんは。
今宵はいかがお過ごしでしょうか?
 やっと皆さんにお目にかかれて光栄です。2018年ロータリー国際協議会にようこそお越しくださいました。昨日の朝、最初に到着したガバナーエレクトご夫妻の姿を目にしたとき、特別な感慨を覚えました。ジョン・ヒューコ事務総長と一緒にロビーに立っていた私は、「いよいよだな」と口にしました。

すると、ジョンが「ユーチューブの動画みたいですね」と言うのです。

「何が?」と尋ねると、彼は次のように言いました。

「よくユーチューブの動画でありますよね。コントラバス奏者が広場の中央に歩み出て、突然ベートーベンの第九を弾きだす。最初はコントラバスだけかと思っていたら、チェロ奏者が出てきて一緒に弾きはじめ、次にファゴット奏者が加わる。そして弦楽器、ほかの木管楽器と次々と加わっていく。みんな普段着で、大衆に交じっているけれど、あたりにいた普通の人たちが、あっという間にオーケストラや、コーラスになって、その場に音楽があふれ、まったく違う空間になってしまう、そんな動画です」 ああ、見たことがあるよ、誰かが送ってくれたことがあると思う、と私が答えたとたん、また違うご夫婦がロビーに入ってきました。その後にすぐ、また別のご夫妻が到着しました。 まるで音楽が聞こえてきそうな光景でした。

 昨日と今日、皆さんは、ロータリー世界の隅々からやって来ました。そして今、それぞれの役目を果たすために、ここに集まっています。 私たちは今晩、ともに旅路につきます。しかし、このようになるとは、6カ月前には想像もできませんでした。  >>>>続きは下記PDFをご覧下さい。

(2018.01.24)

「2018年国際協議会 RI会長エレクトのテーマ講演」PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ