「RI職業奉仕委員会に関するつぶやき」(その一)
2700地区 PDG 廣畑富雄(福岡西)

PDF版 ダウンロード



2700地区 PDG 廣畑富雄
 源流の会は、内輪の会だと思います。それで、委員として経験した、RI職業奉仕委員会に関するつぶやきを、書いてみます。系統的な記述ではありませんが、皆様方の、参考になれば幸いです。またご意見を、寄せて頂くことを歓迎します。

  1. RI職業奉仕委員会は、これはRI Vocational Service Committee の訳です。しかし私は、こうは訳したくない、職業サーヴィス委員会と訳したい、と思っています。Vocational Service を、職業奉仕と訳すと、誤解が生じるのでは、と要らぬ心配をしています。奉仕には、無報酬の行為という概念がある。しかし職業奉仕は、自分の職業を通じたサーヴィスであり、むろん報酬が伴います。そして顧客などのサーヴィスになる、職業サーヴィスを行う事により、その企業の繁栄に通じるのです。お医者さんであれば、患者さんのためを一番に考えれば、患者さんが自然に多く集まり、病院が繁栄し、収益が上がるでしょう。 そこから、「He Profits Most Who Serves Best、最もよく奉仕(サーヴィス)するもの、最も得るものが多い」というモットーが生まれます。「最も利益が上がる」、そういう訳も、以前はあったようです。 私は、米山さんが訳されたように、奉仕ではなく、原語のサーヴィスという言葉を使いたい、と思っています。サーヴィスの概念の方が、奉仕の概念より、遥かに広いのです。米山さんの意見については「ロータリーの理想と友愛」ポールハリス著、米山梅吉訳、三省堂、昭和11年発行、をご覧下さい。昔の本で、インターネットで探さないと入手できないでしょうが。なお最近、米山さんの訳に忠実な、「ロータリーの理想と友愛・読本」富田英寿編、(株)四ケ所(電0946-22-2369)、が出版され、良い参考になるでしょう。

  2. この委員会は、長年開かれていなかったのが、開催されることになりました。何年の間をおいて開かれたのか、私は調べてはいませんが、ご存知の方はどうかお知らせください。委員会は3年の予定で、最初の年、これは2007‐8年ですが、日本では私に委員のご依頼がありました。そして、2008年の4月に、エバンストンのRI本部で開かれた委員会に、出席しました。私が委員に選ばれた理由は分かりませんが、むろん日本のリーダーの方たちのご推薦でしょう。2007年の規定審議会で、英語で立法案の趣旨説明をし、難しいモットーに関する立法案を通すことができ、その関係でご依頼が来たのか?と想像しています。ちなみにその時の理事のお1人は、渡辺好政さんでしたが、理事会と委員会とのリエゾン役として、委員会に出席されました。なおインドの サブ―RI元会長も、アドバイザーとして出席されました。

  3. この小文の題に、「つぶやき」と記したように、系統的な論文形式の記述ではないことをお断りします。この委員会の討議の終わりに、まとめとして、RI理事会に対し、種々の提案をしました。RI理事会は、その一つを除き、すべて受け入れました。その例外は、職業奉仕(サーヴィス)推進のために、試験的に、各ゾーンにコーディネーターを置く、その提案でした。リーマンショックの後で、RIの財政が非常に厳しく、支出削減が大きな命題になっていたために、受け入れられなかったのかもしれません。

  4. 出席した各国からの委員は、確か7名ぐらいだったと思います。サブー さんや、渡辺さんもおられる、RI事務局の人も数人いる。会議の最後に、委員一人ずつ感想を求められました。特に覚えているのは、ヨーロッパの方でしたが 「この会議は非常に有益であった、職業奉仕(職業サーヴィス)が良く分かった」という発言でした。正直な発言をされるのに感心しましたが、しかしその方は、すでにRIの理事を務めた方ですから、理事の前に、理解しておいて頂きたかった、と思った鮮明な記憶があります。各国で、良く理解されていない、そういう事なのでしょう。
                     

(つづく)
(2013.11. 1)

「RI職業奉仕委員会に関するつぶやき」(その一)PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ

ページのトップへ戻る