「海外のロータリークラブあれこれ」
2700地区 PDG 廣畑富雄(福岡西)

PDF版 ダウンロード



2700地区 PDG 廣畑富雄
 海外のロータリークラブは、日本のクラブとは、随分違うように思います。それを若干書いてみます。皆様のご参考になれば幸いです。


  1. 年会費の問題: 日本の年会費と、基本的に違うのは、食事の費用です。日本の年会費には、食事代が入っている。 海外(私が知っているのは、ほとんど米国)では、食事代はその都度払います。それから、事務員がいないクラブが多い。幹事が事務員の代わりをする。それで年会費が、500ドルとか、非常に安くなります。

  2. 事務員に関する一つの例をあげると、前事務総長のフタさんは、ハワイ出身で、たしかHonolulu-East RC、ホノルル東RC が、ホームクラブだったように思います。 随分前に(30年前?)、このクラブを訪ねると、幹事が、会員のバッジをつめた、横長の細いブリーフケースを持参、それから会員の方が、バッジを取出し、胸につけていました。幹事さんは、結構大変だな、という記憶があります。

  3. また事務員で思い出すのは、オーストリアのウイーンの、オペラ座のそばのクラブです。かなりの人数のクラブで、夜の例会です。ドイツ語で、しきりに話し合いをしている。 何だろうと横の英語を話す人に聞くと、「今は事務員がいないが、雇うべきかどうか、話し合っている」、とのことでした。

  4. ついでに週報の事を書くと、日本のクラブでは、ほとんど週報があるが、週報がないクラブも、結構あります。むしろ、週報のあるクラブの方が、少ないでしょう。

  5. 北米以外で、最初に出来たのは、ロンドンRCです。訪ねてみると、会員数が半分になった、とのこと。 会長さんの話では、今のロータリーは忙しくなり、若い人が入ってこれない、そのためではないか、という説明でした。どんな組織でも、簡素化をはかる、それが大事な事でしょう。

  6. これは最初に書くべきでしたが、どこのクラブでも、来訪者を快く迎えてくれ、歓迎してくれる、これはロータリーの有難い伝統です。最初から友人として迎えてくれる。初めからニックネームで呼ぶ、そういうクラブもあります。私なら、トムでしょうか。

  7. 一番ショックを受けたのは、ボストンRCです。世界で7番目に出来た名門クラブで、かっては、会員が400−500人いた。 それが私が久しぶりに訪ねたときには(2007年)、40−50人に激減し、訪ねた日の、例会出席の会員は、13人のみでした。会員増強、というレベルの話ではなく、基本的に考えるべきでは、と感じた次第です。

  8. 一番楽しかったのは、「ポールハリス記念RC」です。和気あいあいとしている。ご夫人方が食事を作り(当時このクラブに女性会員はいない)、楽しい食事を共にする。ボストンから北北西にドライブして、4−5時間のところ、ウォリングフォードという町にあります。ポールハリスは自叙伝(My Road to Rotary, 私のロータリーへの道)で、ロータリー運動は、いわば谷間にある彼の故郷、ウォリングフォードでの生活から生まれた、と言っています。厚い友情、宗教的、政治的な寛容さ、などから生まれた、と述べています。考えさせられる記述であり、コンセプトです。

以上拙文を記しましたが、もし皆様の、ご参考になれば幸いです。

              

(2013.12.17)

「海外のロータリークラブあれこれ」PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ

ページのトップへ戻る