ロータリアンの広場


「RI戦略計画」(The RI Strategic Plan)その1
2680地区 PDG 石井良昌(尼崎西)
PDF版 ダウンロード

2680地区 石井良昌PDG
 2001-02年度、国際ロータリーは奉仕の第二世紀を迎え、組織を導く長期的な計画の立案を始めました。それ以来この戦略計画は定期的に見直され更新されております。
 2009年RI理事会はRI戦略計画の大幅な見直しを行ないました。これには組織としてロータリーが優先すべきことがらについて、世界14000人のロータリアンを対象としたアンケート調査、各国におけるロータリーのイメージを探るためのフォーカスグループ(座談会方式調査)、その他のデータ分析や研究調査が含まれておりました。これらの調査結果を反映し、RIとロータリー財団が進むべき進路と一致するよう改定された戦略計画は2010年7月1日より有効となりました。

 本質(Core Essence)として、地域の人々の生活を改善したいという情熱を社会に役立つ活動に注いでいる、献身的な人々の世界的ネットワーク。
 使命(Mission)として、ロータリーの使命は、人々に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解と親善と平和を推進することです。
 戦略計画の優先項目と目標として、新しく改定された戦略計画は2010年7月1日より有効となり、3つの優先項目と16の目標が含まれています。
 クラブのサポートと強化ですが、ロータリーの根本はクラブにあります。この戦略的優先項目においては、クラブの会員基盤を拡大かつ多様化し、リーダーを育て、長期的な計画を立てるために、クラブの革新性と柔軟性を育むことをめざしています。ロータリーを成長させ、ロータリーファミリーに繁栄をもたらすには、クラブが活発で、強く、生産的になる必要があります。
 「ロータリークラブ・セントラル」はクラブと地区が目標を立て、達成に向けた進捗を確認し、過去数年間の会員増強、奉仕、広報のデータを分析できるオンラインのツールです。2012年、RI理事会は、各地の事情や文化にふさわしい形で会員の維持と増強に取り組みための「地域別会員増強計画」を立案するチームを、各地域のロータリアンの中から任命しました。地域別会員増強計画の総合目標は、2015年6月までに、全世界の会員数を130万人とすることですが、残念ながら130万人には少し届かないと思われます。

国際ロータリーが今クラブに望むこと。

  • クラブの刷新性と柔軟性を育てる
  • さまざまな奉仕活動への参加を奨励する。
  • 会員基盤の多様性を奨励する。
  • 会員の勧誘と維持を改善する。
  • リーダーを育成する。
  • ダイナミックな新クラブを結成する。
  • クラブと地区における戦略計画の立案を奨励する。
人道的奉仕の重点化と増加
 ロータリーは、ポリオ撲滅において引き続き成果を上げております。2012年10月現在、 前年度の同時期よりも、全世界の新規ポリオ感染数は65%少なくなっています。同じく10月の時点で、インドでは新規感染者が18ヶ月にわたり一人も出ておらず、引き続き世界 保健機構(WHO)のポリオ常在国リストから除外されています。

 2013年7月、ロータリーは「未来の夢計画」と呼ばれるロータリー財団の新しい補助金モデルを全世界に導入しました。新しいモデルでは、補助金の手続きがこれまでよりも簡素化されるとともに、持続可能な成果を残し、6つの重点分野で大きな影響を与えるプロジェクトを実施することに焦点があてられています。また、ロータリアンが補助金を利用できる機会や、新しいパートナーや他団体と協力できる機会が、さらに増えます。
 国際ロータリー(ロータリー財団)がめざすものとして

  • ポリオを撲滅する。
  • 以下の分野における奉仕の持続可能性を高める
    1. 青少年奉仕プログラム
    2. ロータリーの6つの重点分野
  • 他団体との協力やつながりを深める
  • 地元と海外の地域社会で多大な成果をもたらすプロジェクトを生み出す

(続き)
(2015.06.05)

RI戦略計画」(The RI Strategic Plan)その1  PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ