ロータリアンの広場


「RI戦略計画」(The RI Strategic Plan)その2
2680地区 PDG 石井良昌(尼崎西)
PDF版 ダウンロード

2680地区 石井良昌PDG

公共イメージと認知度の向上とは
 公共イメージと認知度における目標は、ロータリーのブランドイメージを向上させ、ロータリーの中核的価値観と人道的・職業的奉仕というロータリーの強みについて地元レベルと国際的レベルで周知をはかることです。ロータリーのブランド強化は、極めて重要なプロジェクトです。 「ブランド」とは単にロータリーの歯車やモットーにとどまるものではありません。 ブランドとは「ロータリーとは何か」「ロータリーとは何をする団体か」「なぜロータリーは大切なのか」を表すものです。

  • イメージとブランド認知を調和させる
  • 行動を主体とした奉仕を推進する
  • 職業奉仕を強調する
  • 中核的価値観を推進する
  • クラブにおけるネットワークづくりの機会、並びにクラブ独自の主な活動について広報するようクラブに奨励する
 ロータリーの重点分野
 100年以上にわたり、さまざまな国、文化、職業のロータリアンが協力し合い、世界中の地域社会で活動しています。ロータリアンは、長期的な変化をもたらすためにさまざまなかたちで地域社会の発展に尽くしながら、若者に力を与え、保健の向上を支援し、平和を推進しています。

ロータリーは、特に以下の6つの分野に重点を置いて活動しています。
ロータリー財団の6つの重点分野

  1. 平和と紛争予防 / 紛争解決
  2. 疾病予防と治療
  3. 水と衛生
  4. 母子の保健
  5. 基本的教育と識字率向上
  6. 経済と地域社会の発展
 多くの地域社会に見られる切迫したニーズを反映したこれらのニーズに取り組む方法は従来のプロジェクトから画期的なプロジェクトまで、実にさまざまです。 新しいプロジェクトを立案する際には、これらの分野を意識するよう奨励されております。

グローバル補助金と重点分野
 すべてのクラブと地区は、グローバル補助金を申請して、6つの重点分野のいずれか1つ以上に該当する、持続可能かつ大規模な活動(人道的プロジェクト、奨学金、職業研修チーム〔VTT〕)を支援することが出来ます。活動のモニタリング(成果)と評価を行なうことが義務づけられており、各重点分野について財団が定めた測定基準を使用した計画を申請時に立てる必要があります。

中核となる価値観(Core Values)
 ロータリーの中核となる価値観は、組織内においてロータリアンが何を優先させ、どのような行動を取るかという指針を含めた、組織文化の指導原理を表すものです。これらの価値観はロータリーの戦略計画において、ますます重要性を増している構成要素であり、当組織のリーダーシップの意図と方向性を示す原動力となるものです。

(奉 仕)Service
 ロータリーの奉仕活動とプログラムは、さらなる世界理解と平和をもたらすものであると、私たちは信じている。奉仕は私たちの使命の主要な要素である。私たちは個々のクラブの計画と行動を通じて、奉仕する者に無類の喜びを与え、組織全体に奉仕の文化を創造しているのである。

(親 睦)Fellowship
 個人による奉仕活動は個々のニーズに焦点を当てるものであるが、協力して行なう奉仕活動は人類に奉仕するものであると、私たちは信じている。力を合わせて活動すれば、その力は無限となり、多くのリソース(資源)をまたらし、私たちの人生を豊かにし、視野を広げるものとなります。親睦は民族や国家といったさまざまな違いを超越し、寛容の精神へと導くものである。

(多様性)Diversity
 ロータリーは奉仕の理念の下にすべての人々を国際的に結束させると私たちは信じている。私たちは会員組織において、また活動や奉仕において職業の多様性を信じている。事業や専門職務の社会を反映させているクラブが、将来の繁栄のカギをにぎるクラブである。

(高潔性)Integrity
 私たちは活動の結果について、また目標達成の過程においても、私たちのリーダーや同僚会員が説明責任を果たすことを約束し、期待している。私たちは仕事においても人間関係においても、倫理と職業の観点から常に高い基準を固く守っている。私たちは公平さと尊敬の念を保ちながら人々と付き合い、また私たちに託されたリソース(資源)を良心的に管理する。

(リーダーシップ)Leadership
 私たちはそれぞれの活動分野におけるリーダーから成る世界的な集まりである。
 私たちは指導力を伸展させることの重要性、および会員の優れた資質としてのリーダーシップを信じている。ロータリアンである私たちは、これらの中核となる価値観を率先して実行していくリーダーである。 これらの中核となる価値観はすべて、私たちが日常使用している「ロータリーの目的」と「四つのテスト」に反映されています。これらの価値観は、人と人との関係における高潔さを養い、維持していくために、奉仕の理念(奉仕の理想)を培い支持するよう私たちを鼓舞・激励するものです。

以上の奉仕からリーダーシップまでのこれらの価値観はロータリーの戦略計画において、ますます重要性を増す構成要素でロータリー組織のリーダーシップの意図と方向性を示す原動力となるものです。

(2015.06.12)

RI戦略計画」(The RI Strategic Plan)その2  PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ