ロータリアンの広場


県立尼崎高等学校卒業式祝辞
2680地区 PDG 石井良昌(尼崎西)
PDF版 ダウンロード

2680地区 石井良昌PDG

 2019年3月1日私が卒業しました標記の県尼卒業式において同窓会会長としての祝辞を毎年させていただいておりますが、今回ロータリーの3Hプログラムの成功を取り上げましたので、教育的な観点から敢えて掲載することをお許しいただきたいと存じます。

 卒業生の皆さまご卒業おめでとうございます。また、保護者の皆さま、先生をはじめ学校関係者の皆さまおめでとうございます。さて、今年は平成最後の卒業式となり、卒業生の皆さまには記念すべき卒業式となっております。

 私事で恐縮ですが、私はグローバルに自己研鑚と奉仕活動を行なう団体であるロータリークラブの会員でして兵庫県のトップのガバナーという役職をしておりました。2002年から社会貢献、国際貢献の一環として、フィリピンのマニラ近郊で英語力の向上のプロジェクトをやりました。フィリピンは皆さまもご存知の通りタガログ語を話します。英語の勉強方法でCLE(Concentrated Language Encounter)というのがありまして、語学集中研修の略でして、この勉強方法で英語力が向上し、英語の能力がUPします。

 これで子供たちの将来の就職活動に非常に役立っております。今ではマニラ近郊の子ども達100万人がCLEのお蔭で英語を読み、書き、話すことができるようになりました。この事業に14年間かかり、毎年2回はマニラにいっておりました。やっと軌道に乗り、終了しましてフィリピンの文部大臣からも大変喜んで感謝されました。  このことは何が言いたいかといいますと、卒業生の皆さんはこれまで特に意識されたことは少ないと思いますが、皆さんは立派な財産を身につけておられます。それは教育です。教育で身につけたものは、いくら沢山身につけても重くも無く、軽くも無く、身体から離れていくこともありません。このような財産は他にありません。県尼で学んだこと、友人・知人との交友で身につけたこと、家庭で身につけたことなど立派な財産と立派な思いやりのある心を持っておられます。

 そこで、この立派な財産と立派な思いやりのある心を活かし、これからの人生を「人のお役に立つ人」をめざして頑張ってほしいと思います。

 もう一点大事な事があります。それはどういうことかと言いますと、「世の中の第一線で活躍する人には共通なものがあると言われておりますが、それは一体何だと思いますか?それは礼儀正しい人だそうです。礼儀正しい人は、いつまでも第一線で活躍できるのだそうです。この「礼儀正しい人」という言葉を卒業生の皆さんに送ります。

 最後になりましたが、保護者の皆さま、学校長をはじめ先生方や学校関係者の皆さま、この3年間大変ご苦労様でございました。ありがとうございました。 卒業生の皆さんの今後に幸多かれと祈りまして、お祝いのことばと致します。 本日はご卒業おめでとうございます。

(2019.03.01)

「県立尼崎高等学校卒業式祝辞」 PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ