「1911年11月号のThe National Rotarian 第1号に
掲載のコリンズのスピーチ原稿」
Service not self の本当の意味を考えてみよう。(その1)
2680地区 PDG 石井良昌(尼崎西)

PDF版 ダウンロード



2680地区 石井良昌PDG

How It Is Done in Minneapolis
 An Impromptu Address Given at the Portland Convention by Mr. B. F. Collins, President Minneapolis Rotary Club.
 MR. PRESIDENT and Gentlemen;
 Yesterday afternoon Mr. Pinkham of the Seattle Rotary Club sat down by me and we got to talking Rotary, and I outlined to him briefly a few of the things we did in Minneapolis to make Rotary attractive, profitable and beneficial to its members.
 He said the thought occurred to him that perhaps a little talk along those lines would be acceptable to the other delegates here. President Harris was brought in and said he would extend an invitation for me to set forth briefly some of the principles we endeavor to work out in Minneapolis.
(Mr. Collins was requested to step up to the front, which he did amidst hearty applause.)


B. F. Collins

ミネアポリスではどのようにしたのか
 ミネアポリス・ロータリークラブ会長B.F.コリンズによるポートランド大会ににおける即興演説
会長および会員諸君。
 昨日の午後、シアトル・ロータリークラブのピンカム氏が私のそばに座り、私たちは、ロータリーについて語り合いました。私は、会員に利益をもたらし、ロータリーを魅力的にするために、ミネアポリスで私たちがしたことの概要を少しばかり披露しました。彼は、「この線に添った短い話なら、多分、ここにいる他の代表議員の人たちにも了解してもらえるかもしれません。」と述べました。ハリス会長はその発言を採り入れて、私たちが、ミネアポリスで考えだして努力した方針の概略について簡潔に発表するようにと言いました。 (コリンズ氏は、盛大な拍手によって、中央の演台にあがるように要請されました。)

 The Minneapolis Rotary Club was organized by Mr. Harris and ten members of the Chicago Club, a year ago last January. We started out with a fair list of charter members and with an idea of having monthly meetings.
 It became evident very early in the game that monthly meetings were not going to hold the attention of the members in the way we desired.
 The president therefore called a meeting of the Board of Directors and invited in the Chairmen of all of the standing committees to take lunch with him and go over the matter.
 The matter was thoroughly discussed and it was decided that for the good of the Club we should establish regular weekly luncheons.
 At that time we thought best to omit the meetings in July and August, but when that time came the interest in the meetings had been such and the attendance so large that we deemed it advisable to continue the meetings through July and August, which we have done, and from that time on there has never been a Friday but what we have had a meeting.

 ミネアポリス・ロータリークラブは、1年前の昨年1月、ハリス氏とシカゴクラブの10名の会員によって組織が作られました。私たちは、チャーター・メンバーの公正なリストの下に、毎月一回、例会を開催するという考えの下で出発しました。毎月一回の例会では、私たちが望んでいるようには、会員の関心を保ち続けられないことが、この勝負の極めて早い段階で明らかになりました。そこで、会長は昼食を採りながらこの問題を入念に調べるために、理事会を開いて、全ての主だった委員会の委員長を招待しました。この問題は徹底的に議論されて、クラブを良くするために、毎週規則的に昼食会を開催すべきであることが決められました。当時は、7月と8月には例会を開催しない方がいいと考えていましたが、その時期がやってくると、例会に対する関心が高まってきました。出席についても、7月と8月も例会を続けた方が得策であるという考え方が、強くなってきて、それ以来、私たちは必ず金曜日に例会を開くということを守ってきました。

(石井良昌のガバナー月信8月号より)

その2へ続く >>>
(2014.05.15)

「Service not self の本当の意味を考えてみよう。(その1)」
PDF版 ダウンロード


「ロータリアンの広場」トップページ

ページのトップへ戻る