「1911年11月号のThe National Rotarian 第1号に
掲載のコリンズのスピーチ原稿」
Service not self の本当の意味を考えてみよう。(その2)
2680地区 PDG 石井良昌(尼崎西)

PDF版 ダウンロード



2680地区 石井良昌PDG

 In the organization of a Rotary Club there is only one thing to do, and that is to start right, and there is only one way to start right. The man or men who come into the Rotary for what they can get out of it for themselves are in the wrong class ? that is not Rotary.
 The principle that has been adopted by the Minneapolis Club and has been adhered to since its inception, has been "Service, not self."
 We have had such success in our meetings, conducted by members of the Club, that it has never been necessary, in order to maintain interest, to invite in outside talent; and with one or two exceptions, which came to us as a matter of courtesy to extend an invitation, our meetings have been along strictly business lines.

 ロータリークラブの組織では、なすべきことはただ一つであり、それを正しく始めなければなりません。正しく始めるためには、ただ一つの方法しかありません。自らの利益が得られるかもしれないと思ってロータリーに入ってくる人たちは、間違った部類の人たちです。それはロータリーではありません。ミネアポリス・クラブによって採用され、当初から定着している原則は、"Service, not self" です。
 私たちはクラブの会員たちによって運営されている例会において、成功を収めていたので、関心を得るために、外部からのタレントを招く必要は一切ありませんでした。儀礼上外部の人を招待した一・二の例外こそあったものの、私たちの例会は、厳密に、ビジネス・ラインに沿ったものでした。

 The question of how to obtain results was gone over carefully by the Board of Directors and the Chairmen of the different committees, and it was decided that it must be brought about through thorough acquaintanceship, one with the other.
 Our Fraternal Committee took this matter in charge and they have been developing ideas along that line to bring each and every man into thorough acquaintanceship with each and every member of the Club, and it has worked out in an exceedingly gratifying manner.

 どのようにすれば結果が引き出せるかという問題については、理事会や種々の委員会の委員長が慎重に検討し、みんなが完璧な友人関係を作り上げなければならないという前提で決定されました。友愛委員会はこの問題を担当して、クラブのすべての会員を完全な友人関係にするために、その方針に沿ったアイデアを開発して、それを最高の喜びを持たせる方法で成し遂げました。

 We hold our luncheons every Friday, and some member is appointed by the chair the previous week as ticket seller for the coming luncheon.
 The tickets are sold at his place of business, and each and every member of the Club makes it an absolute point of duty to go to that man's place of business and purchase his ticket there and get acquainted with that man and his business.
 Now, this has been one of the most gratifying means that we have employed to bring about this acquaintanceship.

 私たちは金曜日ごとに昼食例会を開催しましたが、一部の会員が、来週の昼食会のチケット販売係として、前の週に委員長によって任命されました。チケットはその人の事業所で販売されるので、クラブのすべての会員は、彼の事業所に行くことが重要な義務となり、そこで彼からチケットを買うことによって、その人やその人の事業を知ることができます。
 現在、これは、友人関係を緊密にするために私たちが用いている、最も喜ばしい方法の一つになっています。

 The first time it was proposed it met with some opposition. People said: "We haven't the time.
 We put in an hour and a half to go to that luncheon, and it is going to take a little extra time to run around and buy tickets," and it did not meet with universal favor.
 The proposition was put right up to them in this way: If you are living up to what this Club professes to stand for, "Service, not self," you owe it to that man to go to ~ his place of business, and since that time we have not had the slightest difficulty at all.
 Fully 90 per cent of the members that attend the luncheons go to that man's place of business and buy the tickets there, and very often do a stroke of business while there.
 They at least see the stock, see the place of business, become acquainted with it, and it is impressed upon their minds and they know what that branch of Rotary is.

最初、それが提案された時は、いくらかの反対がありました。皆は言いました。「私たちには時間がありません。
昼食会に行くために、1時間半かかります。さらに、まわり道をして切符を買うためには、余分な時間がかかってしまうでしょう。」従って、皆が喜んで受け入れるものではありませんでした。
提案は、このような方法で彼らに説明されました。「もしあなたが、このクラブの方針である "Service, not self" に従って行動しているならば、あなた方は、彼の事業所に行く義務があります。」そして、それ以来、私たちは全く何の苦労もしていません。昼食会に出席する会員の90パーセントは、その人の事業所に行って、そこでチケットを買い、そこでしばしば、事業上の手腕を発揮します。
少なくとも彼らは、商品を見て、事業所を見て、それを通じて友人となり、心の中に深く刻み込まれれば、ロータリーの枝葉が何であるかが判るのです。

(石井良昌のガバナー月信8月号より)

>>> その1 Click Here!! <<<

(続く)
(2014.05.21)

「Service not self の本当の意味を考えてみよう。(その2)」
PDF版 ダウンロード


「ロータリアンの広場」トップページ

ページのトップへ戻る