ロータリアンの広場


ソロプチミストクラブとロータリアン
スチュワート・モローの関係(その1)
2560地区 小山楯夫(新潟)
PDF版 ダウンロード

2560地区 小山楯夫(新潟)

 最近、「ソロプチミストクラブの歴史」を読む機会がありました。すると、以前読んだ田中先生の「ロータリーの歴史探訪」に出ていたスチュワート・モロー Stuart Morrowの名前が載っており驚きました。

最初にイギリスにできた八クラブの内、他の六クラブは、元サンフランシスコ・クラブ会員スチュアート・モローStuart Morrowの働きによるものといわれています。イギリスにロータリー活動をもたらした功績者として、モローに賛辞を贈る人がいる一方で、彼が新クラブ会員から1ポンドずつピンハネしていたことを以って、彼の動機に疑問を投げかける人も多くいます。
(田中 毅 著) 

 上記アンダーラインの部分を裏付けるような記載があり、以下はその「ソロプチミストクラブの歴史」からです。

(前略)
   第1次世界大戦直後の時期(1920 21年)、女性の権利と地位は飛躍する。
(中略)
 スチュワート・モローがオークランドの秘書学校長アデレード・E・ゴタード夫人に会ったのは、女性の能力が正当に見つめられるようになった(第一次)大戦直後。彼は1905年に設立したロータリークラブなど、男性奉仕クラブの組織指導者であった。ゴタード夫人との会話が「職業別による女性クラブの組織」のヒントになり、6ヵ月後、最初のソロプチミストクラブがカリフォルニアで出発することになる。調査と会合のためについやされたこの6ヶ月の間に、モローは初代会長ヴァイオレット・リチャードソン(後のワード夫人)や有力な創立メンバー、エロイーズ・カッシングに出会う幸運があった。
 1921年10月3日、世界で初めてのソロプチミストクラブの発会式か行われ、80人の女性が集まった。オークランドクラブを名乗るまで、このクラブはアラメダ郡ソロプチミストとよばれた。

(中略)
 アラメダクラブが行った最初のプログラムの一つは「赤色杉を救おう」というキャンペーン協力である。そして、更正婦人寮の暖房設備の供給、YWCAの補導「service」の協力、クリスマスに3軒の貧困家庭の世話など、地域社会に積極的に奉仕する事から始められた。

「その2」はここをクリック

(2015.11.18)


ソロプチミストクラブとロータリアン
スチュワート・モローの関係(その1) PDF版 ダウンロード


「ロータリアンの広場」トップページ