ロータリアンの広場


「ロータリーあれこれ」その3
2680地区 PDG 久野 薫(神戸東)
PDF版 ダウンロード

2680地区 PDG 久野 薫

1. RIの最大の成果
 ロータリーという高い職業倫理をもつ人づくり組織にあって、110年の歴史の中で最も評価されている成果は皮肉にもポリオ・プラス・プログラムであります。このプログラムは今ではWHO、ユニセフ、アメリカ疾病センター(CDC)の協力を得て遂行されていますが提唱者と活動の中心組織は、RI(国際ロータリー)です。

 かって世界に50万人以上の患者がいて常在国は125か国に及んでいたポリオは今ではパキスタン、ナイジェリア、アフガニスタンの3か国、患者数500人を切るほどまでに激減しているのです。天然痘に続く第2の伝染病撲滅まで「The Final Inch」の段階に入っているのです。

 RIは数字で評価できるプログラムを重視する傾向があります。人づくりなど数字で表せない活動は評価されないのです。そもそもこのプログラムは1979年フィリピンのサビノ・サントスPDGが当時自国で世界の45%というほど集中していたポリオ撲滅のため、5か年計画で自国600万人の子どもに生ワクを接種する計画支援をRIに依頼したことに始まります。

 おりしも1978〜79年度RI会長クレム・レヌーフが「3Hプログラム」を発足させ、このフィリピンの計画は「3Hプログラム」で引き受けられ1982〜83年度、財団に引き継がれました。RIはロータリー創立80周年を記念して1985年ポリオだけではなく、はしか、ジフテリア、百日咳、破傷風、結核の疾病予防を含めたポリオ・プラス・プログラムを発足させ、爾来90億米ドル以上の資金を投入し、25億人以上の児童に生ワク接種が行われました。

 当初5年間の事業で始められていながらいまだに継続され、1995年の規定審議会で世界がポリオ解放宣言できるまで継続されることになっています。

(2015.11.06)

「ロータリーあれこれ」その3 PDF版 ダウンロード

「ロータリアンの広場」トップページ