ロータリアンの広場


ロータリーの歴史に学ぶ(その2)
2710地区 PDG 諏訪昭登(広島西)
PDF版 ダウンロード

2710地区 諏訪昭登PDG

  • 1911年(第2回ポートランド大会)、シェルドンはペリーの代読でbusinessの科学はserviceの科学であると述べ、“He profits most who serves best.”と修正した標語を含む「私の宣言」を発表し、満場の拍手を得た(この標語は大会の「ロータリー宣言」の結語として採用され、その後は職業奉仕理念と解釈され、1950年に公式標語となっている)。また、ミネアポリスRCのフランク・コリンズが大会の小旅行企画の船上で語った“Service, Not Self.”については後日機関誌で発表するとの付言があった。(ポール・ハリス)



  • 公式機関誌“The National Rotarian”(1911年1月号)が創刊され、“Toleration”(寛容)を強調したポール・ハリスの論文“Rational Rotarianism”が掲載されている。1911年11月号には“Service, Not Self.”が掲載されたが、この標語はその解釈について問題を抱えながら1920年に“Service Above Self.”と変更され(手続要覧)、人道的奉仕理念と考えられて1989年から第一標語となっている。(コリンズの論文をよく読むと、Not Selfは決して宗教倫理ベースではないことがわかる。)

  • 1912年(ドゥルース大会)、全米RC連合会は国際RC連合会(International Association of Rotary Clubs)と改称(グレン・ミード会長)。「ロータリー宣言」の結語として“Service is the basis of all business. ”が追加(スローガンと呼称)。親睦と相互扶助を目的から一掃するRC綱領に初めて“service”という語が出現した。

  • 二つの標語は二つの奉仕理念とされ、宗教倫理派と実業倫理派によるロータリー理念の構築が熱烈に論議された歴史が続く。

  • 1915年(サンフランシスコ大会)、理論及び教育委員会(Committee on Philosophy and Education)のグレン・ミード委員長が委員会報告の中で、“Spirit of Rotary”(ロータリー精神)を二つの局面すなわちeconomic side(経済的側面)とaltruistic side(利他主義的側面)に分類して解説し、初めて“Ideal of service”という語を使用した。それは、business生活において我々の仲間にhigh ideal of serviceを、そして人類全体にも与えられないだろうか、という語り口であった。

  • 1916年(シンシナティ大会)、グレン・ミードの後任者であるフィラデルフィアRCのガイ・ガンデイカーは、前年度に採択された道徳律(Code of Ethics)を含むロータリー最初の教育書“A Talking Knowledge of Rotary”(ロータリー通解)を刊行し、“Service, Not Self.”の立場でロータリー精神を解説した。シェルドンの標語にある“profit”については、シェルドンの考えに反して優れたserviceをすることに関して与えられた機会であると言明した。

  • 1918年(カンザスシティ大会)、連合会の綱領に初めて“ideal of SERVICE”という語が使われた。これによって、それまで“Spirit of Rotary”や“Unselfish slogan of Rotary”など様々な表現で語られてきたロータリーの基本理念を表す用語が正式に決定したといえる。

  • 1919年(ソルトレークシティ大会)、ジョン・プール会長は、“Service, Not Self.”を初めて“Service Above Self.”と変えて演説し(これが“Service Above Self.”の初出?)、“He Profits…”と共にロータリアンの将来をより大きなusefulness(有用性)の世界に導くものであると表明した。(1912−18年においてはnot selfが使われていたが、above selfへの変遷が徐々に進んでいた。)

  • 1920年(アトランティックシティ大会)、手続要覧に正式にService Above Self と表明された。F. コリンズが死去。

  • 1921年(エジンバラ大会)、シェルドンが「ロータリー哲学」というテーマで演説し、主に英国でのprofit反発に対する説明を行った。彼はprofitを徹底して「利潤」としながらも、標語全体の意味はキリスト教理の黄金律(マタイ伝第7章第12節)と同じであると語って喝采を得た。(1913年のバッファロー大会でも同様の発言があった。)この大会をもって“Service, Not Self.”はほぼ全般的に“Service Above Self.”と変更されたと考えられている。しかし、その後しばらくは“Service before self.”という語と共に語られていた記録も存在している。なお、この年度の手続要覧に新たにRotary Mottoという項目が加わって、「He Profits … が一般的にロータリーモットーとして使用されている。また“Service Above Self − He Profits Most Who Serves Best”という形式でも使われている」とある。 (続く)

    (2015.04.01)


    ロータリーの歴史に学ぶ(その2)  PDF版 ダウンロード

    「ロータリアンの広場」トップページ